富士通メインフレーム接続用 PC導入型端末エミュレーター

ホスト業務のスタンダード

Windowsパソコンで動くクライアント導入型の決定版

最新OS対応、クライアント導入型端末エミュレーター(富士通メインフレーム接続用)

OSⅣ/MSP、OSⅣ/XSPなどが動作する富士通メインフレームへ接続可能なクライアントPC導入型の6680端末エミュレーターです。

優れた操作性で受発注業務における大量の入力作業、販売管理や人事給与管理業務における複雑な印刷作業など、幅広い業種のお客様にご活用いただいております。またPRIMERGYシリーズ(ASP)環境で、K端末のエミュレーター としての導入実績も多数あります。接続形態は、TN6680(Telnet)および FNA on TCPに対応しています。
K端末エミュレーター互換ではありません。

ホスト連携API Connect X

ActiveX対応 Connect X(ホスト連携API)富士通と共同開発したエミュレーター用のAPIをActiveXコントロールとして提供します。Webページ上にActiveXスクリプトでグラフィカルなユーザーインターフェースを構築することができ、Microsoft Internet ExplorerなどのWebブラウザからオンライン業務が可能になります。
ホスト連携API「Connect X」の詳細についてはこちらをご覧ください。

その他

  • バーコード印刷
    バーコード リーダーで読み取りができるJAN 標準、JAN 短縮、CODE39などのバーコード印刷をサポートしています。
  • OCR-B フォント印刷
    OCR装置で読み取りができるOCR-Bフォント(英数、記号の半角文字)の印刷をサポートしています。
    専用のTrueTypeフォントを提供します。
  • LBP機能
    ホストからの指示により、自動的に用紙サイズ、方向などを変更します。またLPモードに対応しているので、15インチストックフォームサイズのデータをA4用紙に出力できます。その他、FMLBP114の機能をサポートします。
  • 富士通エミュレーター キーボード対応
    ホスト連携API「Connect X」の詳細についてはこちらをご覧ください。


▲
端末エミュレーター「FALCON」 乗り換えキャンペーン
× 表示しない