Q&A

商品について

他の「まいと~く」シリーズとの違いを教えてください。

各商品の主な違いは下記の通りです。詳細は各商品ページをご覧ください。

商品/項目 回線数 FAX ISDN 音声応答
(IVR)
冗長化 仮想化 クライアント API
(.NET)
Web
API
まいと~く Center Hybrid 2~8 G3のみ TAのアナログポート経由 × × ※3

(Webクライアント)
※2 ※2
まいと~く Center 4~72 スーパーG3 / G3 直接収容※1
(INSネット64 / INSネット1500)
× ※2 ※3

(Webクライアント)
※2 ※2
まいと~く Voice FAX Center 2~16 G3のみ TAのアナログポート経由 × ×

(専用クライアントソフト)
×
まいと~く FAX Server 7 2~8 G3のみ TAのアナログポート経由 × × ※3

(高機能専用クライアントソフト)
※2 ×
まいと~く FAX 9 Pro 1 G3のみ TAのアナログポート経由 × × × スタンドアローン型※4 ※2 ×
※1 各INS64版 / INS1500版で対応します。
※2 オプションです。
※3 一部の商品ラインアップ / 仮想化環境で対応します。
※4 簡易的なクライアント / サーバー システム(SOHO機能)が使用できます。

クライアント機能(ソフト)はありますか?
「まいと~く Center Hybrid」では、標準でWebクライアントを使用できます。Webクライアントには、一般ユーザー向けのFAX送受信機能と管理者向けの管理機能があります。
購入前に商品を借りることはできますか?

「まいと~く Center Hybrid」では、無償評価版(ソフトウェア / ハードウェア)をご用意しています。
無償評価版は下記からお申し込みください。

導入作業をインターコムに依頼できますか?
できます。詳細は営業部までお問い合わせください。
営業部へのお問い合わせ
保守の内容について教えてください。
「まいと~く Center Hybrid/MD50Mモデム付き2回線版」を3回線以上に増やすには、どうすればよいですか?
「まいと~く Center Hybrid/USB4回線版」または「まいと~く Center Hybrid/USB8回線版」をご購入ください。
クライアントライセンスは、いくつ必要ですか?
ログインするユーザーの人数分のライセンスが必要です。
クライアントは同一ユーザーで同時にログインできますか?
できます。
「まいと~く Center Hybrid/USB4回線版」「まいと~く Center Hybrid/USB8回線版」に付属の「UM4P for まいと~く」で長いUSBケーブルを使うことはできますか?
USBの規格で最長5メートルまでのケーブルがご利用可能ですが、できるだけ短いケーブルのご利用をお勧めします。長いUSBケーブルをご利用になる場合は、USB IF(USB Implementers Forum)で認証されたUSB2.0認証ケーブルをご用意ください。
「まいと~く FAX Server」シリーズを使用しており、リプレースを考えています。どうすればよいですか?

営業部までお問い合わせください。最適な商品や移行方法などについてご案内させていただきます。

グループは何個まで作れますか?
上限はありません。

環境について

FAX送受信に必要な回線数を教えてください。
他の「まいと~く」シリーズと共存できますか?
「まいと~く Center Hybrid」の管理サーバー / FAXサーバーは、他の「まいと~く」シリーズと同一コンピューター上に共存できません。ただし、「まいと~く Center Hybrid」「まいと~く Center」のWebクライアントは、同一コンピューター上で使用できます。
リモートデスクトップで使用できますか?
使用できます。ご使用の際は、リモートデスクトップ接続開始側でプリンター共有をせずに接続するか、リモート接続される側でプリンターのリダイレクトを無効にしてください。
「まいと~く Center Hybrid/MD50Mモデム付き2回線版」を使用したいのですが、COMポートが1つしかありません。2回線で使うにはどうすればよいですか?

下記の3つの方法があります。

  1. 拡張ボードを使用する。
    【推奨品】
    ラトックシステム社 「REX-PCI60D」「REX-PE60D
    その他の拡張ボードやモデム内蔵ボード、USBモデムおよびUSB→RS-232C変換アダプターなどは動作保証しておりません。
  2. 「まいと~く Center Hybrid/SDU2回線版」を使用する
  3. 「まいと~く Center Hybrid/USB4回線版」を2回線で使用する。
データのバックアップはできますか?

「まいと~く Center Hybrid」のシステム全体をバックアップできます。バックアップはスケジュールで実行できます。

ハードディスクの空き容量はどのくらい必要ですか?
動作環境ページをご覧ください。
対応する用紙サイズを教えてください。
A3 / A4 / B4サイズを送受信できます(すべてモノクロ送信)。A5 / B5サイズは送信できません。
FAX通信では、幅を基準に用紙サイズが決定します。FAX規格(ITU-T T.30)には、A5 / B5サイズがありません。
クラウド(IaaS)環境でFAXサーバーを構築できますか?

動作確認済みIaaSはこちらをご覧ください。

仮想化環境で使用できますか?

「まいと~く Center Hybrid」では、仮想化環境に対応したラインアップをご用意しています。

vSphere-FTで利用できますか?

利用できます。詳しくは仮想化環境の運用についてのページをご覧ください。

vSphere-HAで利用できますか?

利用できます。詳しくは仮想化環境の運用についてのページをご覧ください。

vMotionで利用できますか?

利用できます。詳しくは仮想化環境の運用についてのページをご覧ください。

シリアルデバイスユニットを設置する際の注意事項はありますか?

ノイズによる通信エラーや機器障害防止のため、各ケーブルは 束ねたり、巻いたりせず、ケーブル同士をできるだけ離して設置してください。その他詳細につきましては「ノイズによる障害を軽減するための対策」をご参照ください。

ノイズによる障害を軽減するための対策

回線について

どのFAX規格(G3 / スーパーG3 / G4)に対応していますか?
「まいと~く Center Hybrid」では、「G3」のみに対応しています。「スーパーG3」やISDNで使用する「G4」には対応していません。
発信者番号を取得できますか?
ナンバー・ディスプレイ機能を使用することで取得できます。商品に付属するFAXモデムは、ナンバー・ディスプレイ サービスに対応しています。
ナンバー・ディスプレイ機能を使用する場合は、契約電話会社とのナンバー・ディスプレイ サービスの契約が必要です。
同一のCOMポートで、FAX送信とFAX受信の両方をご利用の場合、発信者番号が取得できないことがあります。
ダイヤルイン番号を取得できますか?

「まいと~く Center Hybrid」では、全ラインアップでダイヤルイン番号を取得できます。取得したダイヤルイン番号は、自動振り分け / 自動返信 / 自動転送 / 自動印刷 / 自動エクスポートの条件に利用できます。

ダイヤルインサービスはモデムダイヤルインをご使用ください。
ひかり電話で使用できますか?

「まいと~く Center Hybrid」は、法人向けひかり電話(0AB~J番号)での動作確認を行っています。

無鳴動着信(着信信号1300Hz)に対応していますか?
「まいと~く Center Hybrid」は、無鳴動着信(着信信号1300Hz)には対応していません。
ISDNで使用できますか?

TA(ターミナル アダプター)のアナログポート経由でFAXモデムと接続して使用できます。

推奨TA(ターミナル アダプター)はこちらをご覧ください。

代表FAX番号(1つ)に複数回線を接続できますか?
NTTの代表取扱サービス(代表電話)を利用することで可能です。
PBX(構内交換機)を経由した回線で使えますか?

PBXを経由した回線での送受信はサポートしておりません。

ただし、PBXの設定を変更すれば、ほとんどの場合はご使用になれます。ご使用の際は下記にご注意ください。

FAXモデムは、通常、NTTアナログ電話回線の仕様に準拠して作られています。PBX経由の内線では、呼び出し信号の電圧や周期、その他の仕様がNTTアナログ電話回線と大きく異なる場合、FAXモデムが正常に動作しません。そのため、PBXの設定をNTTアナログ回線の互換に設定する必要があります。 ご参考までに呼び出し信号のNTT一般公衆回線の条件とは下記の通りです。

線間電圧 48V(±24は不可)
周波数 15Hz以上20Hz以下
断続比 20IPM±20%以内
メーク率 33±10%以内
送出電圧 交流65Vrms以上 83Vrms以下
変動比 100V以下

【送信の際のご注意点】
PBXによってはダイヤルを認識できる準備が整うまでに時間がかかる場合があります。
その場合は、外線発信番号の前後に「,」(カンマ)を付けてください。通常は標準 の「0,」(0発信の場合)で問題ありませんが、「0」が認識されない場合は、「,,0,」のように変更してください。[,]を設定しなかった場合、ダイヤル時にPBXでダイヤル番号の一部が認識されず、異 なった相手先にFAXが送信されてしまう場合があります。
PBXの仕様をご確認の上、必ず[,]を設定するようご注意ください。
カンマの数で待ち時間が増えます。カンマの数を変えて調節してください。モデムによって異なりますが、カンマ1つにつき1秒~2秒の待ちが入ります。

電話回線を他の通信機器(複合機など)と共有、分岐して使用できますか?

おすすめしません。他の通信機器と「まいと~く Center Hybrid」を同時に使用した場合に、回線が混線し異なる相手先にFAX送信してしまう場合があります。手動の切替機を接続して都度切り替えて使用されることをお勧めします。

ログについて

ログの最大推奨件数は何件ですか?
件数に制限はありません。ディスクの空き容量に依存します。なお、保存期間は最長1年間です。1年経過後はあらかじめ指定した任意のフォルダーに移動する設定が行えます。

アドレス帳について

アドレス帳の最大登録件数は何件ですか?
件数に上限はありません。
使用するアドレス帳に制限をかけられますか?
かけられます。あらかじめ登録されたアドレス帳のみ使用させたり、送信先FAX番号の直接入力を禁止させたりする設定が可能です。

受信について

受信したFAXを各ユーザーに振り分けることはできますか?
できます。「回線番号」「発信者番号」「FAXID」「ダイヤルイン番号」を使用してい指定のユーザーへ振り分けることができます。管理者が内容確認後に手動で振り分けることもできます。
FAX受信を通知できますか?
メールで通知できます。
受信したFAXを各ユーザー間で共有できますか?
はい。グループへ受信FAXを振り分けして共有できます。会社や部署などでグループを複数作成し、受信FAXの自動振り分けも可能です。
受信確認FAXを自動返信できますか?
受信相手や受信相手とは異なるところに返信できます。
受信する枚数に制限はありますか?
受信回数に制限はありません。ただし、一回の着信で受信できる時間は、2時間(設定変更可能)までです。2時間を超える場合は強制的に切断します。
スマートフォンやタブレットで受信FAXを見ることはできますか?
Webクライアント(タブレットのみ)や受信後のメール転送機能を使用して閲覧可能です。
海外とのFAXの送受信について。
海外で利用されているFAX機は国内のFAX機と規格が異なる場合があり、FAX信号が正常に送られない場合があります。海外へのFAX送受信はサポートの対象外となります。ご了承ください。

送信について

送信の自動化はできますか?
CSVファイル連携、API連携(Web API / .NET)などを利用して可能です。
1枚送信するのにどのくらい時間が掛かりますか?
FAXデータを送信するのに掛かる時間は、送信のイメージファイルの大きさや通信速度によって変わります。その他、ダイヤル時間、接続時のネゴシエーション、改ページ処理の時間が掛かります。これは、相手FAX機の能力によります。例えば、14400bpsで標準的なA4モノクロデータ(50KB)を1件送ると30~40秒程度掛かります。
一度に送信する枚数に制限はありますか?
一度に送信できる枚数は255枚です。
送信できる原稿の種類は何ですか?

PDF、TIFF、Excel、Wordなどプリントアウトできるファイルであれば何でも送信できます。「まいと~く Center Hybrid」の管理サーバーがインストールされたコンピューターには印刷するドキュメントに関連付けられたアプリケーションがインストールされている必要があります。

ただし、PDFファイルは「まいと~く Center Hybird」のみで処理できます。AcrobatなどのPDF用アプリケーションをインストールする必要はありません。

サーバーにアプリケーションをインストールする場合は、その使用許諾範囲をよくご確認ください。
複合機で送信している紙も「まいと~く Center Hybrid」で管理できますか?

インターネットFAX機能(メール送信)を利用して「まいと~く Center Hybrid」経由でFAX送信できます。ただし、件名にFAX番号を指定(入力)する必要があります。

海外とのFAXの送受信について。
海外で利用されている FAX 機は国内の FAX 機と規格が異なる場合があり、FAX 信号が正常に送られない場合があります。海外へのFAX送受信はサポートの対象外となります。ご了承ください。

システム連携について

Webアプリケーションと連携できますか?
Web APIを使用して連携できます。
APIは公開されていますか?
「まいと~く Center Hybrid API連携キット」を購入して、お客様独自のアプリケーションに「まい と~く Center Hybrid」のFAX機能を組み込むことができます。連携方法は、.NETおよびWeb APIとなります。

ご購入前のお問い合わせ

ご不明な点はお気軽に問い合わせください。

03-3839-6340 (東京)

052-678-3901 (名古屋)

06-4705-3060 (大阪)

【受付時間】平日 ※弊社休業日除く
9:00~12:00 / 13:00~17:30

お問い合わせフォーム 評価版のお申し込み

ご購入後のお問い合わせ

ご購入後のお問い合わせは、
サポートサイトをご覧ください。

サポートサイト
▲
2~8回線対応FAXサーバーの詳細資料ダウンロード
× 今日は表示しない