医療ITソリューションのリモートメンテナンスに活用!操作指導やトラブル発生時の解決で医療機関、保険調剤薬局様の日常業務をスムーズに。


今回取材に応じていただいた土屋様(右)と大日方様

ポーラ・オルビスグループ様では、「世界中の人々に笑顔と感動をお届けしたい」という理念の下、化粧品を中心とした「美と健康」に関わる事業を展開されています。

このたび、15年以上前から社内ヘルプデスクやサーバーメンテナンスに使用してきたリモートツール「pcAnywhere」の販売・サポート終了に伴い、代替商品として「LAPLINK 14」(以下「LAPLINK」)をご導入いただきました。導入のポイントや効果などについて、株式会社ポーラ・オルビスホールディングス 人事・情報管理室 課長 土屋様と同 人事・情報管理室 大日方様にお話を伺いました。

導入の背景
「pcAnywhere」の販売・サポート終了、代替ツールの選定を開始

ポーラ・オルビスグループ様では、かねてより情報システム部門による社内ヘルプデスクにリモートツールを活用してきました。従業員パソコンにあらかじめリモートツールをインストールしておき、電話だけでは解決しない困りごとに対して、情報システム部門からリモート接続して解決を図っていらっしゃいます。

「『pcAnywhere』の終了は、こちらで情報収集している中で気付きました。2014年9月に発表があったわけですが、すぐに課題認識を持ち、2015年中には切り替えを判断しないといけないと目的意識をもって進めてきました」(土屋様)

「株式会社ポーラ・オルビスホールディングス、株式会社ポーラ、ポーラ化成工業株式会社など、従業員約3,000名のパソコンにリモートツールが導入済みでしたので、スムーズな切り替えを意識しました」(大日方様)

導入のポイント
プッシュインストールやAD連携など必要な機能が揃い、サーバーが不要など価格面でも優位に

「AD連携対応が最後の決め手だった」と教えてくださる大日方様

「pcAnywhere」からの乗り換えにあたっては、リモート機能を備えた3~4製品を比較検討され、最終的に「LAPLINK」を選んでいただきました。選定時のポイントについてお話しいただきました。

「製品を評価する観点としては、元々『pcAnywhere』でできていたことが同じようにできるのか。どのくらいの価格で導入できるのか。ということがポイントでした。『LAPLINK』は、社内ヘルプデスク、遠隔地からのサーバーメンテナンス共に、必要な業務にすべて耐えうるということがすぐに確認できました」(土屋様)

比較検討された商品について教えていただきました。

「グループ全体の端末管理にIT資産管理ツールを導入しており、そのオプションであるリモート機能と比較しました。製品を統一できた方がよいという意見が最後まであったのですが、よくよく話を聞いてみると、リモート機能自体は海外製ソフトをベースにしていて、IT資産管理ツールとは別製品といえました。また、『pcAnywhere』と違ってサーバーを新しく構築する必要があり、導入の工数的にも価格的にも『LAPLINK』の方が優れていました。『LAPLINK』は市場シェアがあり、国内メーカー製で信頼性の高いツールという確認がとれたので、それでは『LAPLINK』の方がよいという判断となりました」(土屋様)

続けてセキュリティ面でのポイントについて教えていただきました。

「OSの付属機能でもやろうと思えばできるという意見もありましたが、サービスとしての安定性やセキュリティ面で課題がありました。特にセキュリティ面では、ある程度アクセスコントロールができる製品がよいということなりました。『LAPLINK』は、誰が誰にリモート接続できるのかを既存のActive Directoryと連携して管理できたのがよかったです」(土屋様)

「Active Directoryとの連携は、ポーラ化成工業株式会社で強いニーズを持っていました。弊社での導入に併せて、『LAPLINK』でActive Directory連携ができるようになったのは、最後の決め手にもなりました」(大日方様)

導入の効果
リモート接続までが速いのは、運用していく上で非常に便利

「すぐにつながる『LAPLINK』は非常に便利」と教えてくださる土屋様

株式会社ポーラ様、ポーラ化成工業株式会社様の情報システム部門では、数名の担当者で、1日述べ6~8時間程度、従業員様に対しての社内ヘルプデスク業務に使用しているそうです。

「パソコンの設定が手順書通りにいかない。プリンターの変更ができない。など、従業員の困りごとに対するヘルプデスク業務で『LAPLINK』を活用しています。遠隔地にも事業所が多いので、パソコンの使用者を変更するときはリモートで設定することが多いです」(大日方様)

「『LAPLINK』はプッシュインストールができるので、展開がしやすく、その点は非常によかったです。また、リモート接続するまでに色々な操作をしなくても、すぐにつながります。運用していく上で非常に便利です」(土屋様)

リモートツール変更に対する従業員様の反応についてお聞きしました。

「『pcAnywhere』からの切り替え時に、従業員に対して特に告知は行いませんでした。ずっと使ってきたリモートツールが切り替わったことを従業員も気にするようなこともありませんでした。それぐらいストレスなく切り替えができて、代替製品として『LAPLINK』は非常によかったと感じています」(大日方様)

今後について
グループ全社のリモートツールは『LAPLINK』を標準ソフトに

今後の展開についてお聞きしました。

「リモートツールに関しては、グループ全社で同じものを使いたいと思っています。『LAPLINK』を標準ソフトとして、まだ導入ができていないグループ会社には、切り替えを促していきます」(大日方様)

最後にご要望を伺いました。

「グループ全社へ『LAPLINK』を展開していくにあたり、プッシュインストールは欠かせない機能です。さらに使いやすくしていただけると嬉しいです」(土屋様)

(取材日:2016年8月23日)

会社概要

社名 株式会社ポーラ・オルビスホールディングス
所在地 東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル
代表 代表取締役社長 鈴木 郷史
設立 2006年9月29日
資本金 100億円
ホームページ
導入事例集ダウンロード

「LAPLINK 14」の導入事例をPDFでご覧いただけます。導入時の参考にお役立てください。

その他の事例へ
▲
pcAnywhereなど他社製品からのお乗り換えのご案内
× 今日は表示しない