接続形態

インターネット(光/ADSL/CATVなど)

インターコム インターネット サーバーを利用して接続することにより、接続を受ける側はファイアウォール環境でも、ルーターを利用した環境でも接続できます。
インターネット接続の必要環境と事前準備はこちら


ルーターを経由してインターネットに接続

接続を開始する側のルーターにはポート フォワーディング(静的IPマスカレード)の設定が必要です。

接続を開始する側に必要なグローバルIPアドレスは、可変タイプと固定タイプのどちらでもご利用いただけます。

相手がインターネットに常時接続
相手がインターネットに常時接続
相手がルーターを経由してインターネットに接続
相手がルーターを経由してインターネットに接続
相手がダイヤルアップでインターネットに接続
相手がダイヤルアップでインターネットに接続

パソコンが直接インターネットに接続(ルーターを経由せず)

相手がインターネットに常時接続
パソコンが直接インターネットに接続(ルーターを経由せず)
相手がルーターを経由してインターネットに接続
相手がルーターを経由してインターネットに接続
相手がダイヤルアップでインターネットに接続
相手がダイヤルアップでインターネットに接続

ファイアウォール環境内にあるパソコンへ接続

ファイアウォール経由の接続
ファイアウォール経由の接続
※1 ファイアウォールの外部PCにはグローバルIPアドレスが必要です。
パケット フィルタリング タイプのファイアウォールにのみ対応しています。
ファイアウォールの外部PCも別のファイアウォール内にある場合は、ファイアウォール外部から内部へのLAPLINK接続用ポートを開ける必要があります。
ファイアウォール上でファイアウォール内部から外部へのLAPLINK接続用ポートを開ける必要があります。
ルーター経由の接続
ルーター経由の接続
※1 ルーターの外部 PC にはグローバルIPアドレスが必要です。
フィルタリング設定を行っているルーターのみ対応しています。
ルーターの外部PCがファイアウォール内にある場合は、ファイアウォール外部から内部へのLAPLINK接続用ポートを開ける必要があります。
ルーターのフィルタリング設定で内部から外部へのLAPLINK接続用ポートを開ける必要があります。

インターネット接続の必要環境と事前準備

【ゲスト(リモート操作をする側)】
  • インターネットに接続できるパソコン
  • グローバルIPアドレス(可変タイプと固定タイプのどちらでも利用可能)
  • ルーターを使用している(パソコンがプライベートIPアドレスである)場合、LAPLINK 14のUPnPを有効にします。
    ルーターがUPnPに対応していなければ、ルーターに手動でポートフォワーディングを設定します。
  • セキュリティソフトをインストールしている場合、下記のポートの通信を許可する必要があります。
    方向 プロトコル 番号
    内側から外側へ TCP 53と80
    外側から内側へ TCP 1547
【ホスト(リモート操作をされる側)】
  • インターネットに接続できるパソコン
  • セキュリティソフトをインストールしている場合、下記のポートの通信を許可する必要があります。
    方向 プロトコル 番号
    内側から外側へ TCP 53と80と1547

ご契約のプロバイダーによっては、帯域制限のため接続が切断されたり遅延したりします。ご購入前に無料体験版でのご確認をお勧めいたします。

接続方法とルーターの設定方法について、詳細はインターネット接続ガイドをご覧ください

▲
pcAnywhereなど他社製品からのお乗り換えのご案内
× 今日は表示しない