1. ホーム
  2. プレスルーム
  3. ニュースリリース・お知らせ
  4. 2017年
  5. ユーザックシステム、業務ソリューション「FAX受注名人」の通信ソフトに インターコムのFAXソリューション「まいと~く」を採用

プレスルーム

ニュースリリース

2017年6月6日

ユーザックシステム、業務ソリューション「FAX受注名人」の通信ソフトに
インターコムのFAXソリューション「まいと~く」を採用

コンピューターソフトウェア開発の専門会社、株式会社インターコム(本社:東京都台東区、代表取締役社長:松原 由高、以下:インターコム)は、ユーザックシステム株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:宮原 克昭 様、以下:ユーザックシステム様)が開発・提供するFAX受注支援ソリューション「商品名:FAX受注名人」の通信ソフトに、インターコムが開発したFAXソリューション「商品名:まいと~く Center Hybrid for USAC」が採用されたことを発表します。

「まいと~く Center Hybrid for USAC」を通信ソフトとした「FAX受注名人」は、ユーザックシステム様から受注センターやコールセンターを持つ企業様へ販売されます(販売目標:初年度50本=ユーザックシステム様発表)。

システム構成例

《採用のポイント》

ユーザックシステム様は、「FAX受注名人」の提供にあたり、お客様からの要望を中心に大幅な機能強化を図られました。その中の1つに、仮想OSサーバーへの対応がありました。

従来のRS-232CやUSBで接続するFAXモデムは仮想OSサーバーで認識できない場合があります。 「まいと~く Center Hybrid for USAC」は、シリアルデバイスユニットを使用してLAN経由でFAXモデムを接続できるようにしました。これにより、仮想OSサーバー上でのシステム構築が可能になりました。

今回、「FAX受注名人」の仮想OSサーバー対応を実現する通信ソフトであることに加え、1万3,000社以上の導入を誇る企業向けFAXソリューションでの実績が評価され、採用いただくこととなりました。

「FAX受注名人」について

これまでユーザックシステム様は、日々大量にFAX注文書を受信している企業向けに、FAX受注業務における一連の面倒な作業を改善するためのソリューション「FAXお助け名人」を開発し、多くのお客様に提供されていました。今回、お客様からの要望を中心に大幅な機能強化を図り、ソリューション名も「FAX受注名人」に刷新、新たなソリューションとして提供を開始されています。

「FAX受注名人」Webサイト(ユーザックシステム様)

「まいと~く Center Hybrid for USAC」について

インターコムが開発・提供するFAXソリューション「まいと~く Center Hybrid」を、ユーザックシステム様「FAX受注名人」の通信ソフト専用にラインアップした商品です。受信FAXデータの受け渡しや送信指示に従った自動FAX送信などの連携機能を備えています。

「まいと~く Center Hybrid」Webサイト


本ソリューションに関する問い合わせ先

株式会社インターコム 営業本部 COMグループ
TEL:03-3839-6340
メールでのお問い合わせはこちら

本ニュースリリースに関する問い合わせ先

株式会社インターコム 営業本部 営業推進部 広報宣伝グループ 澤田(さわだ)/山中(やまなか)
TEL:03-3839-6775
メールでのお問い合わせはこちら

掲載している情報は、発表日時点のものになります。
▲