リモートコントロールソフト
乗り換えお任せ!

資料ダウンロードはこちら

Symantec pcAnywhere(2016年4月サポート終了)ほか、
他社製品からの乗り換えでお悩みではありませんか。

「LAPLINK 14」なら最新OSへの対応はもちろんのこと、前バージョンとの互換性、
保守業務に適した充実機能、日本メーカーならではのサポート体制で安心してお乗り換えいただけます。

今回特別に『乗り換えのご案内』(機能比較/導入事例/乗り換えポイントなどの資料)をご用意いたしました。
今すぐご請求ください

他社製品との機能比較表

比較表

機能比較資料ダウンロード

他社製品との機能比較表

「pcAnywhere」からの乗り換えをストレスなく実現。
プッシュインストール・AD連携で導入もスムーズに。

ポーラ・オルビスグループ様では、15年以上前から社内ヘルプデスクやサーバーメンテナンスに使用してきたリモートツール「pcAnywhere」の販売・サポート終了に伴い、代替商品として「LAPLINK 14」をご導入いただきました。
導入のポイントや導入効果などについてお話を伺いました。

導入事例詳細はこちら

大規模な乗り換えをご検討のお客様へ

pcAnywhereから1,000ライセンス以上乗り換えのお客様は特別価格のご相談を承ります。

詳細についてはフォームもしくはお電話にてお問い合わせください。

(※フォームからのお問い合わせの場合、その他欄に「乗り換えライセンス数」をご入力ください)

詳細を見る
この様なお客様に最適です。
情報漏洩対策、資産管理ソフトを導入済みで、「pcAnywhere」の乗り換えを検討
「MaLion 5」はリモートコントロール機能も標準搭載しています。社内PCの運用管理に必要な60種類以上の機能を備えた「MaLion 5」への乗り換えでコストを抑えた効率的な運用が行えます。
「pcAnywhere」の乗り換えと併せて、情報漏洩対策、資産管理ソフトの新規導入を検討
情報漏洩事件の話題が尽きない昨今、これを機にリモートコントロール機能も搭載した情報漏洩対策、資産管理ソフトの導入をご検討してみてはいかがでしょうか。

「MaLion 5」は情報漏洩対策からIT資産管理まで、クライアントPCの運用管理を支援するソフトです。
リモートコントロール機能も標準搭載しており、クライアントPCのトラブル対応を自席から遠隔で行うことができます。
情報漏洩対策、資産管理ソフトを導入済みで、「pcAnywhere」の乗り換えを検討
情報漏洩対策、資産管理ソフトを導入済みで、「pcAnywhere」の乗り換えを検討

「MaLion 5」やリモートコントロール機能の詳細につきましては、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

多くの企業様がLAPLINK 14に乗り換える理由

通信ソフトNo.1。実績ある日本メーカーが開発・販売・サポート

「LAPLINK 14」はBCN AWARD 通信ソフト部門 17年連続NO.1、20年の歴史を誇るリモートコントロールソフトです。海外製品が多いリモートソフト市場の中では数少ない国産のソフトウェアです。国内で販売、サポート、バージョンアップ開発までを行っており、安心してお使いいただけます。
さらに、リモートコントロール・パッケージ市場で国内シェアNo.1となっています。

また、「LAPLINK 14」は1年間無料保守付きです。開発元のインターコムスタッフが「LAPLINK 14」の運用について電話・メールにてサポートします。トラブルやご質問でお問い合わせいただいた際も、海外のメーカー元に確認をするため回答までに時間がかかったり、おざなりな回答だったりといったことはなく、迅速な対応ができます

市場調査レポート「ITR Market View:エンタープライズ・モバイル管理市場2016」調べ

 

パッケージ型リモートコントロールソフトだから現在のビジネスモデルを変えずに運用できる

「LAPLINK 14」はパッケージ型リモートコントロールソフトです。これまでパッケージ型リモートコントロールソフトをお使いの場合は、乗り換えも簡単に行えます。
買い切りのライセンスで、保守費用のみで使い続けることができます。また、ソフトをあらかじめ製品やシステムにバンドルできるなど、運用や金額の面で現在のビジネスモデルを変えることなくお客様に遠隔保守を提供できます。ボリュームライセンスもご用意しています。

リモートコントロールソフトにはパッケージ型とSaaS型があります。

社内ヘルプデスクやシステム保守業務における実運用に適した機能で快適なリモート保守を実現

「LAPLINK 14」は保守業務でリモートコントロールを利用するための便利機能を多数揃えています。多用なネットワーク環境への対応や、大量のPCへ「LAPLINK 14」のプログラムを自動インストールするプッシュインストーラー、Active Directory連携による接続認証、セーフモードでのリモートコントロールなど、保守業務においてpcAnywhereを凌ぐ機能を搭載しています。

高いセキュリティ対策で不正アクセス・情報漏洩を防ぐ

「LAPLINK 14」は、情報の暗号化や接続時のパスワード設定等により、通信データや相手先PCの情報を保護します。
また、ユーザーごとに使用できる機能の制限をカスタマイズでき、不正アクセスや情報漏洩を阻止し、安全に遠隔保守が行えます。

リモートコントロールの処理スピードが速い

「LAPLINK 14」は、圧縮方法を大幅に改良したことにより、高速なデータ転送を実現しています。これにより、相手先パソコン画面の表示やファイルの転送が高速に行えます。
主要なリモートコントロールソフトと比較しても早くなめらかな画像表示でストレスなく作業できます。

詳細資料を今すぐご請求

通信ソフトNo.1メーカーのリモートコントロールソフト「LAPLINK」

「BCN AWARD 通信ソフト部門 最優秀賞」を17年連続受賞

256bit暗号化対応

ゲストPCとホストPCで交換するすべての情報を暗号化できます。これにより、データの盗聴、内容の解析、改ざんなどのセキュリティ上の脅威から情報を守ります。
Microsoft CryptoAPI(最大256bit)とLAPLINK独自の暗号方式を選べます。

Active Directory連携

Active Directoryで管理しているドメイン名・グループの設定をネットワーク(LAN)接続の認証情報として利用できます。「LAPLINK 14」用にアカウント情報を設定する必要がなくなるため、管理の手間を減らすことができます。

ユーザーごとの機能制限

リモートコントロール中に起動できるプログラム、アクセスできるフォルダーを制限できます。また、ログインユーザーごとに使用できる機能を制限できます。これにより重要な情報への不正アクセスを防止します。

セーフモードでのリモートコントロール

Windowsのトラブル修復用の起動状態であるセーフモードで起動中のホストPCをリモートコントロールできます。画面表示の不具合を引き起こしたグラフィックドライバーの修復など、通常起動時の操作だけでは解決できないトラブルへの対応が可能です。

再起動後の自動再接続(セーフモード対応)

通常起動では解決できないトラブルに「再起動後の自動再接続」を新搭載。セーフモードでの再接続にも対応しています。

操作指導

ホストPCの画面上にペンで文字や記号を自由に書き込んだりポインターで指し示したりできます。
難しい操作説明の補助や、操作の誘導のみを行い、相手側が実際に操作をすることで作業を覚えてもらう際にも活用できます。

リモートコントロールがスムーズ

高い圧縮技術による素早い操作性やなめらかな画像表示で業務の作業効率を下げることなく快適にリモートを行うことができます。

IPアドレス入力不要で簡単接続

IPアドレスの入力不要な簡単接続を実現、UPnP対応によりルーターの設定を自動化します。

直感的な操作画面

操作メニューのアイコン表示やボタンをクリックするだけの接続開始画面など、誰でもすぐに使いこなせる直感的な操作画面を採用しています。

 

資料ダウンロード(その他お問い合わせ)

ボリュームライセンスにも対応!

大規模な乗り換えをご検討のお客様へ

pcAnywhereから1,000ライセンス以上乗り換えのお客様は特別価格のご相談を承ります。(1,000ライセンス以上)

詳細についてはフォームもしくはお電話にてお問い合わせください。

(※フォームからのお問い合わせの場合、その他欄に「乗り換えライセンス数」をご入力ください)

お電話でのお問い合わせ
  1. 1.必要事項入力
  2. 2.送信完了

下記の項目を入力し、送信してください。

個人情報保護のため第三者に傍受されないようにSSLサーバー証明書を導入しています。