IT×製造現場の働き方改革
EDI・FAX受発注システム

「Biware EDI Station 2」は、基幹システムを通じた調達や販売において、取引先との商流EDI・FAXなどを補完するソリューションです。中堅中小規模の食品製造業、自動車部品製造業、各種組立加工業など、様々な業界でご活用いただいています。
EDI・FAXによる取引先との通信ジョブは「Biware EDI Station 2」上で一元管理され、基幹システムの間で取引データの受け渡しを行います。

株式会社インターコム
小売からのEDI受注・仕入先へのFAX発注を自動化

ソリューションの仕組みと運用の流れ

連携概念図
ジョブフロー(ワークフロー)

ジョブフローの自動処理(RPA)で働き方改革

専用の作成ウィザードやドラッグ&ドロップ操作による編集画面を利用して、ジョブフロー(ワークフロー)をノンプログラミングで簡単に構築できます。構築した定義に沿って、取引処理を自動化することで、大幅な業務改善を実現します。

システム連携

3つの連携手法で柔軟なシステム連携を実現

指定フォルダーを定期監視して、基幹システムから出力されたファイルをに対して自動処理を行う「フォルダー監視」、定義されたジョブフローに沿って、コマンドラインで外部システムの呼び出しを行う「コマンド実行」、各種システムへの組み込み用途に利用できる「Web API」の3種類のシステム連携手段をご用意しています。

IaaS・仮想化環境対応

クラウド(IaaS)、仮想環境での運用に対応。専用ハードウェアでレガシーEDIも運用可能

EDI・FAXソリューションをAWSAzure上に構築して運用できます。LAN上に配置して、仮想シリアルポートを提供する専用ハードウェア(シリアルデバイスユニット)もご用意していますので、IaaS(仮想)環境下でのレガシーEDIやFAXも安心してご利用いただけます。

動作確認済みIaaS
Amazon Web Servicesアマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 Microsoft Azure日本マイクロソフト株式会社
通信プロトコル

EDI・FAXの両通信手段を1つのソリューションでご提供

インターネットをインフラをとする通信方式(ebXML MS 2.0EDINT AS2JX手順SFTPebXML MS 3.0)から、電話回線をインフラをとする通信方式(JCA手順全銀手順全銀TCP/IP手順FAX)まで、様々な取引に対応します。

メッセージ変換

各種業界標準EDIフォーマットに対応

JAMA-JAPIA標準(UN/EDIFACT)日食協標準CII標準など、各種業界標準EDIのデータフォーマットに対応しています。

メール・FAX自動送信

CSVファイルと連携し、帳票FAXを自動送信

業務システムから出力されたCSVファイルの内容(送信先、帳票ファイル)を基に、複数の送信先へ異なる帳票データを順次自動でFAXおよびメール送信します。複数の取引先に対して、それぞれ異なる帳票を送信する業務を完全自動化できます。

▲