スマートフォンによる
情報の持ち出しも防止

「MaLion」では、総合的な情報漏洩対策ツールとしてお使いいただけるよう
様々なPC操作監視機能を標準でご提供しています。
今回はその中でも注目度の高いスマートフォンのUSB接続監視機能についてご紹介します。

株式会社インターコム
接続方式に応じた監視・制御

スマートフォンのUSB接続モードは3方式

スマートフォンをPCにUSB接続する場合、現状では下記の通り3つの方式が存在します。
スマートフォンによる情報の持ち出しを防ぐには、それぞれの接続方式に応じた監視・制御が必要となります。

1.PTP(ピクチャー転送プロトコル)モード

デジカメからPCに画像データを転送する際に利用されている接続方式です。スマートフォンをデジカメデバイスとして接続します。

2.MTP(メディア転送プロトコル)モード

PTPの拡張方式であり、スマートフォンや携帯音楽プレーヤーから画像や音楽データを転送する際に利用されている接続方式です。現在のスマートフォンでほぼ標準的に利用されています。

3.カードリーダーモード

USBメモリやメモリカード、外付けHDDからのデータ転送に利用されている接続方式で、スマートフォンを普通の外部記憶装置として接続します。USBマスストレージクラス(MSC)と呼ばれています。

USB接続設定例(Android端末)
USB接続設定例(Android端末)

接続方式の監視・制御設定

外部デバイス監視機能で3つの接続方式を制御

「MaLion」では、スマートフォンの3つの接続方式のすべてについて監視・制御を行うことができます。
「MaLion」による制御設定の詳細をご紹介します。

1.「PTPモード」「MTPモード」の接続監視

「PTPモード」および「MTPモード」による接続を「MaLion」では「Windows ポータブルデバイス」として認識します。外部デバイス監視機能のポリシー設定で「Windows ポータブルデバイス」の接続を禁止に設定することで情報の持ち出しを防ぎます。
Androidスマートフォンと同様、iPhoneのUSB接続も「Windowsポータブルデバイス」として認識しますので上記の通り制御できます。

2.「カードリーダーモード」の接続監視

「カードリーダーモード」による接続を「MaLion」では「USBリムーバブルメディア」として認識します。同様にポリシー設定で「USBリムーバブルメディア」の接続を禁止に設定することで情報の持ち出しを防ぎます。
「MaLion」のバージョンやクライアントPCの利用OSによっては制限事項があります。詳細はお問い合わせください。

▲