03-3839-6775
動画でわかる

超簡単!オンライン商談デビュー営業力アップにつながる必須機能とは

オンラインで営業・プレゼンしやすい機能が充実

オンライン商談システム「RemoteOperator Sales」は、オンラインでの営業やプレゼンがスムーズに、より効果的になる機能が充実しています。今回は、営業担当者がオンライン商談に使える基本機能を動画にいたしましたので、実際の操作画面と合わせてご覧ください。

お客様とのスムーズなコミュニケーションを実現
~ 資料共有機能 ~

ポイント① 最新の営業資料をチームで共有

事前にアップロードしておいた資料を、アクセス権を持った営業担当者がいつでも使えるため、他拠点の事務所やテレワーク中の営業担当などと共有しチーム全体で最新資料を共有できます。複数の資料をアップロードできるため、オンライン商談中の資料の切り替えもスムーズです。

ポイント② 資料上にポインターの表示が可能

ポインターはお客様側、営業担当者側の双方で使用できます。 ポインターを指しながら「この部分は…」と説明や質問でき、まるで対面のようなスムーズなコミュニケーションが可能です。

ポイント③ 資料をその場でお渡し

説明に使用した資料をその場でお客様にお渡しすることができます。商談後、時間がたってからメールで資料送付するのに比べ、お客様の興味・関心がより高いうちに資料をお渡しできるようになります。

資料+αの営業トークに最適
~ プレゼンテーション機能 ~

ポイント① 実際の操作画面を見せられる

Webサイトやアプリの操作画面など、カタログや資料だけでは伝えきれない情報を見せながら商談できるため、資料を読み上げるだけではないワンランク上の営業トークが可能になります。

ポイント② 資料を目の前で記入→その場でお渡し可能

エクセルシートやワード資料などをお客様と話しながら記入・修正し、そのファイルをその場でお客様にお渡しできます。伴走中のお客様のフォローや販売パートナーとのやり取りに最適です。

こちらもおすすめ