LAPLINK 動作確認済みルーター一覧

インターネット接続のゲスト(リモート操作する側)になるには、ルーターのポートフォワーディングを設定する必要があります。

 

「LAPLINK 13」でご使用のルーターがUPnPに対応している場合

  1. ルーターのUPnPを有効にします。
  2. 「LAPLINK 13」の「オプション」メニュー → 「ポートの設定」 → 「TCP/IP ネットワーク(LAN / インターネット) 有効」を選択 → 「設定」ボタン → 「UPnPによるポートフォワーディング自動設定をする」を有効にします。

「LAPLINK 13」でご使用のルーターがUPnPに対応していない場合、「LAPLINK 12」以前の場合

 

手動でルーターのポートフォワーディングを設定します。

弊社が動作確認済みのルーターの設定方法は、下記をご覧ください。

 

ご注意事項

メーカー名 型番
corega

BAR SD

I・O DATA NP-BBRL
NP-BBRM
NP-BBRP
KYOCERA KY-BR-CB100
NECアクセステクニカ Aterm WR7800H
Aterm WD634GV
Aterm DR304CV(K)
NTT-ME NTT-ME MN128-SOHO IB3
無線LANカード MN-WLC 54g-HQ
MN8300W
MN8300
MN7310
NTT東日本 RT-200KI
WBC V110M
Web Caster V110
Web Caster 800
OMRON MR504DV
SoftBank Trio3G - Plus
YAMAHA RT 57i
サン・コミニュケーションズ Rooster-RW Five(「Rooster-RW」も同じ設定)
バッファロー Air Station WZR-RS-G54
Air Station WHR3-AG54
BroadStation BLR2-TX4L
BroadStation BLR3-TX4
プラネックスコミュニケーションズ BRC-14V
BRL-04AX
BRL-04FB
BRL-04FMX
BRL-04FWU
BLW-04GZ
[ ウインドウを閉じる ]