1. ホーム
  2. サポート
  3. LAPLINK ヘルプデスク
  4. 暗号化方式「SSL 3.0」の利用停止のご案内

LAPLINK ヘルプデスク サポート

暗号化方式「SSL 3.0」の利用停止のご案内

2015/7/29 更新

インターネット通信のセキュリティ保護のために使用されている「SSL 3.0」において脆弱性が発見され、暗号化されている通信内容が漏えいする可能性が報じられました。

そのため、LAPLINK ヘルプデスクでは、安全性を確保するために、「Ver.2.16」のリリースに伴い、2015年7月27日より「SSL 3.0」の利用を停止しております。

これにより、一部のお客様環境(Internet Explorer 6.0 をご使用など)にて、LAPLINK ヘルプデスクのサーバーへアクセスができなくなる可能性がございます。

以下影響範囲へのアクセスが行えないお客様は、お手数ではございますがご使用のブラウザの設定をご確認いただき、「TLS 1.0」以降の暗号化方式をご利用くださいますようお願い申し上げます。

Windows XP 環境につきましては、SP2 以前のSP 環境ではご利用いただけません。お手数ですが、SP3 の適用をお願いいたします。

影響範囲

  • 「クライアントプログラムのダウンロードページ」へのアクセス
  • 「LAPLINK ヘルプデスク 管理ツール」へのアクセス(サポート日誌の表示を含む)
  • サポートセンターおよびクライアントプログラムのサーバーへのアクセス

対応策

ご使用のブラウザの設定をご確認いただき、「TLS 1.0」以降の暗号化方式をご利用くださいますようお願いいたします。
以下に設定例として、Internet Explorer での設定方法をご案内いたします。

Internet Explorer での設定方法

  1. Internet Explorer の[ツール]メニュー内[インターネット オプション]をクリックします。
  2. [インターネット オプション]ダイアログ内[詳細設定]タブをクリックします。
  3. [セキュリティ]カテゴリにて、[SSL 3.0 を使用する]のチェックを外します。(SSL 2.0 以下にもチェックが入っている場合は外してください。)
  4. [TLS 1.0 を使用する]、[TLS 1.1 の使用]、および[TLS 1.2 の使用]にチェックを入れます。
  5. [OK]ボタンをクリックし、設定ダイアログを閉じます。
  6. Internet Explorer を終了し、再度Internet Explorer を起動します。

ご使用されているInternet Explorer のバージョンによっては、「TLS 1.1」および「TLS 1.2」の設定が表示されない場合がございます。この場合は、「TLS 1.0」が有効になっていることをご確認ください。

サポートメニュー
サ―バ―稼働状況/メンテナンス

サーバー稼働状況


サーバーメンテナンス

インターネットサーバーの定期メンテナンスのため、下記の日時はインターネット接続が繋がりにくい状況が発生します。
毎週木曜日午前7時00分から午前7時45分まで(木曜日が祝日の場合は前日)
ご迷惑をお掛けし大変恐縮ですが、メンテナンス時間は短縮できるよう努めますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

▲