労務管理支援システム

MaLion × Xronos Performance

Xronos Performance

システム概要

就業管理システムとの併用により、組織の労務管理を支援します。連携要素としては、就業管理システムが管理する出退勤情報(打刻データ)を集約し、従業者PC別に稼働状況をグラフレポートとして出力します。残業を含む勤務状況が可視化され、労働生産性の改善点を探ったり、テレワーカーの勤務状況管理に活用したりできます。
本システムは、「MaLion(Ver.5.30以降)」と就業管理システム「Xronos Performance」を連携させたソリューションです。

システム構成イメージ

主な機能

1.サービス残業の是正や労働状況の把握を支援する端末稼働状況レポート

就業管理システムが管理する勤怠情報(打刻データ) を「MaLion」に集約、「MaLion」が管理するPC稼動情報と併せて従業者PC別に稼働状況をグラフ表示します。これにより、例えば退勤処理後にサービス残業を行っている従業者やPCの電源が入ったまま退社している従業者などを確認できます。

端末稼働状況レポート
画像拡大

端末稼働状況レポート

2.徹底した残業管理を支援する残業警告表示と強制PCシャットダウン

終業時刻が経過したタイミングで各従業者PCに対して警告を表示し、残業の抑制を図ることができます。さらに警告表示後もそのまま稼動し続けるPCに対し、強制シャットダウンを実行することもできます。組織への事前申請なしに勝手に残業することのないよう徹底できます。

3.管理者向けの勤怠警告で従業者の過重労働に対する早期対応を支援

総務人事部門などの管理者に対しては、例えば残業時間が法定基準の週40時間を超過しそうな従業者がいる場合に警告を表示するなど、組織内で設定した所定の残業時間を基準に警告を表示します。また実際の残業時間と予測される1か月の残業時間を従業者別に一覧でグラフ表示する機能も搭載しています。推測値による「予防アラート」と実測値による「結果アラート」の2種類の警告により、早いタイミングからの計画的な対応を可能にします。

▲