卸・メーカー向けEDI受注業務支援システム
みんなつながる流通BMS

主な機能

 

オプションのJCA手順、全銀TCP/IP手順を利用する場合、本商品の機能の一部が制限される場合があります。

対応通信規格

  • JX手順
  • JCA手順(オプション)
  • 全銀TCP/IP手順(オプション)
すべてクライアント手順のみ対応

業務データ参照/作成/編集

受注、出荷、出荷梱包(梱包紐付有/梱包紐付無)、受領、返品、請求、支払、値札、集計表(発注/出荷/出荷梱包紐付有/受領)の各取引業務データについて、伝票の明細確認や出荷数量の指定などデータの参照/作成/編集が可能です。受注商品に対する欠品が生じた際に、受注総数に対して自動的に按分して出荷データを作成するなど、便利な機能も備えています。

ピッキングリスト出力

出荷データをもとに、ピッキングリストを自動生成します。すべての注文に対し、出荷先単位で商品アイテムごとの数量を出力したり、商品単位で出荷先ごとの数量を出力したりできます。

印刷機能(伝票/帳票出力)オプション(クラウドのみ)

ピッキングリスト、納品伝票/欠品リストのみ標準搭載しています。オプションの導入により、取引業務の効率化やマーケティング分析などに活用できる多様な帳票を活用できます。
「Biware らくらく受注 Pro 2」は標準で本機能に対応しています。

収録伝票/帳票一覧

  • ピッキングリスト(店舗別、センター別、商品別)【標準機能】
  • 納品伝票/欠品リスト【標準機能】
  • 直接納品先別梱包一覧表(梱包、欠品)
  • 受領違算リスト(受領データ元、受信データ元)
  • 伝票(受注、出荷、受領、返品)
  • 一覧(受注、出荷、受領、返品、請求、支払)
  • 詳細一覧(受注、出荷、受領、返品)

手書き出荷処理(FAX/電話受注の処理)

FAXや電話による緊急発注に対し、専用画面から手入力で伝票を作成できます。複数の得意先に対して一括で伝票を作成することができます。

基幹連携(業務データの変換/入出力)オプション(クラウドのみ)

送受信した業務データを固定長やCSV形式に変換して出力できます。基幹システムや検品システムなど、多様な業務システムとの連携に活用できます。
「Biware らくらく受注 Pro 2」は標準で本機能に対応しています。

業務データ バックアップ

取引した業務データを始め、データベース内部の情報をZIPファイルとして出力します。万が一トラブルが生じた際は、出力したデータを取り込んで復元できます。

マスターデータ登録

取引上必要となるマスターデータの登録や削除を行います。「手書き出荷処理」の際、登録されたマスターデータをもとに伝票を作成します。

ユーザー業務管理

任意の取引先や取引業務に関連した内容のみを受注担当者の操作画面に表示することができます。
これにより、本商品で実施できる取引業務を制御できます。

サーバー/クライアント管理

サーバー/クライアントの形態で、複数台のPCに本商品を導入して業務を進めることができます。本社・営業所・倉庫など、複数の拠点で共同運用したい場合に有効です。
Standardのみ非対応

得意先アダプターオプション

専用伝票など、得意先(小売)独自のデータ仕様に対応する補完プログラムです。新たな得意先の追加も、アダプターのアドオンにより柔軟に対応できます。
得意先アダプターはすべて流通BMS用の補完プログラムとなります。レガシーEDIにおける小売別の補完プログラムについてはお問い合わせください。

無料評価版でお試ししませんか。

Biware らくらく受注 Pro 2を30日間無料でご試用いただけます。

EDI受注業務支援ソフトの詳細資料ダウンロード
× 表示しない
▲