1. ホーム
  2. 会社情報
  3. 企業目標

会社情報

企業目標

  • インターコムは、ものつくり企業に徹します。
  • インターコムは、誰もが作れない革新的プロダクトにこだわり続けます。
  • インターコムは、日本一エキサイティングな会社を目指します。
  • インターコムは、創業時の初心を忘れず、ベンチャースピリッツ溢れた企業を目指します。
  • インターコムは、コンプライアンス(法令・規制・社会規範の遵守)を実践します。

インターコムとは?

日本には1万社近いソフトウェア会社があると言われています。
コンピュータメーカー系のソフト会社、エンドユーザー系のソフト会社、外資系のソフト会社、SIer系のソフト会社、受託専門のソフト会社、エンジニアをユーザーに派遣するソフト会社、下請け会社、社員数人~数十人の下請け孫会社、個人で運営しているソフト会社など、ソフト会社にはさまざまな形態があります。その中で、インターコムは日本では数少ない独立系のパッケージソフト開発専門会社です。またその中で、知名度があるパッケージソフトをリリースしている会社は数十社程しかありません。

他社とどの様に違うのか?

日本のほとんどのソフト会社が特定の顧客からの依頼で特注的にソフトを開発しているのに対して、インターコムでは商品を企画して、開発して、生産から販売、そしてサポートまでをすべて自分たちで行っています。スーツをお客様の体型に合わせて仕立てて販売しているデパートや仕立て専門店を前者に例えれば、インターコムは不特定多数のユーザーに同じタイプのスーツを安価に提供しているスーツ専門の量販店と言えるでしょう。スーツをオーダーメイドで作れば体型にピッタリとしたすばらしいものが出来上がりますが、その分価格は高く、またその人しか着ることができません。ソフトであれば1社の顧客のために作ることと同じです。既成品のスーツは、すべての人にはピッタリ感はありませんが、安価でしかも機能や品質はオーダーメイド以上に優れています。

何故か?

既製品のスーツと同様にパッケージソフトは不特定多数のユーザーに使っていただくことを前提に商品化されています。それ故、さまざまな機能やアイデアが盛り込まれています。万人に喜んでいただける商品でなければ売れないからです。また数千本、数万本販売することを前提にしていますので、さまざまな検査を重ねて不具合(バグ)を取り除く研究がされています。安価なソフトでも実は開発には半年~1年ぐらい掛る場合が「ざら」なのです。そのことから機能や品質は特注ソフト以上に優れている自信があります。

インターコムが商品化したパッケージソフトは、私たち自身が直接ユーザーに販売する場合もあります。家電量販店やパソコンショップ、ネット通販、ダウンロード販売で書籍や音楽CDなどと同様にたくさんの皆さんの前に陳列販売される場合もあります。またある場合は大手パソコンメーカーや大手ソフト会社から相手先ブランド(OEM)として販売される場合もあります。しかし、いつの場合でも、商品には著作元を示す私たちインターコムのブランドが表示されています。 "Copyright © Intercom"と…

会社情報メニュー

日本SME格付けは、日本の中堅・中小企業の信用力評価の指標です。日本SME格付けに関する最新情報はS&P グローバル・マーケット・インテリジェンスのWebサイトでご覧になれます。日本SME格付けは、企業の信用力に関するS&P グローバル・マーケット・インテリジェンスの見解ですが、信用力を保証するものではなく、また、関連する取引等を推奨するものでもありません。

▲