特長&機能

特長

音声応答フローを短期間で自在に作成

音声応答フロー編集ユーティリティ標準搭載

音声応答フロー、FAX処理フロー(ガイダンス)を自在に作成・編集できるユーティリティ「ガイダンス エディタ」を標準で搭載。あらかじめ用意されているアイコン(動作定義オブジェクト)をツリー状に貼り付けていくだけで、オリジナルの音声応答(IVR)システムを驚くほど簡単に構築できます。

「ガイダンス エディタ」の使用方法

FAXBOXシステムの作成

外部プログラムと連携したシステムの作成

ツリー状に流れを作って、各アクションを設定するだけ!

コンピューター上で音声応答フローをチェック可能

実回線を使用しないで、作成した音声応答フローに間違いがないかチェックできるテスト機能を搭載。通信コストをかけずに何度でも事前の内容確認が可能です。

オフラインでテスト可能!

高品質音声合成(オプション)

漢字・かな混じり文章のテキストデータを、より自然な話し声を実現する音声データに変換できる「音声合成オプション」をご利用になれます。

通信履歴の表示機能

着信日付や時間、発信者番号などの表示ができます。また、コールフローがどのよう に進んだかも表示可能。これらのデータはCSVファイルで取り出すこともできます。

 

外部システムとの連携

コールフローを簡単に設定できるだけでなく、さまざまなインターフェースを装備し、外部システムと連携した高度なシステムを容易に構築することができます。
プッシュトーンで入力した値や発信者番号他は、EXEに引数で渡したり、項目を指定してCSVファイルに出力したりすることができます。

  • EXEの起動 / 終了コードの取得
  • ストアドプロシージャ対応
  • CSVファイル出力
  • レジストリ値 取り込みなど

CSVによるFAX自動送信(異文書自動送信)

CSVファイルの受け渡しを業務システムに追加するだけで、複数の宛先へ異なる帳票を順次FAX送信するシステムを作成できます。規定フォルダに送信原稿ファイルのパスとFAX番号を格納したCSVファイルを保存すると、各宛先にそれぞれ指定した原稿を自動的に送信できます。
「まいと~くVoiceFAX Center」では、「まいと~く FAX Server 6」「まいと~く FAX Server 7」で利用しているCSVファイルを使用することができます。

APIを利用してアウトバウンド業務を自動化

応答フロー(ガイダンス)発信、メッセージ送信、FAX送信、Eメール送信、ポケベル送信のAPIを利用して、お客様のニーズに沿ったアプリケーション構築ができます。インバウンド(受付)業務の自動化だけでなく、アウトバウンド(発信)業務の自動化にも活用できます。

国内製通信ハードウェアが標準付属

全商品に音声/FAXに対応する国内製通信ハードウェアが標準で付属しています。追加通信ハードウェアを購入することで最大16回線を制御する音声応答(IVR)・FAXシステムを構築できます。

モデム分散設置

通信ハードウェア(モデム)のみをセグメントを越えて各拠点に設置できます。拠点ごとの電話番号をそのまま使用でき、一拠点集中のシステムに比べて通信コストを削減できます。

最大4拠点まで、NW用のみ対応します。

▲
詳細資料ダウンロード
× 今日は表示しない