Biware Cloud
クラウドEDIサービス

機能

各機能について紹介

JEITA準拠共通クライアント

通信手順・データ変換

対応通信手順

インターネットEDI レガシーEDI
  • ebXML MS 3.0(クライアント)
  • SFTP(クライアント)
  • JX手順(クライアント)
  • 全銀TCP/IP手順<インターネット>(クライアント)
  • JCA手順(クライアント)
  • 全銀TCP/IP手順<ISDN>(クライアント)
  • 全銀手順(クライアント)

メッセージ変換

メッセージ(送受信ファイル)の、EDI業界標準フォーマットと自社業務システムフォーマットとの相互変換に対応します。流通BMSやJCA標準など各種標準メッセージのデータレイアウト変換(テンプレート)を利用できます。データ変換ツールのマッピング画面で、ドラッグ&ドロップの簡単操作によるレイアウト変換ルールを設定できます。

対応変換形式
流通BMS(XML) UN/EDIFACT(JAMA-JAPIA) CII(EIAJ/JTRNなど)
固定長(JCA標準など) 可変長(CSV/TSVなど)  

運用管理

ワークフロー作成

取引業務に必要な一連の処理の流れ(ワークフロー)を、ドラッグ&ドロップ操作によって簡単に構築して自動化できます。グラフィカルな専用画面で直感的に操作できます。

ワークフロー作成ウィザード

自動処理の核となるワークフローをウィザード形式で作成できます。初めてワークフローを作成する場合でも、対話形式で迷うことなく作成できます。

スケジュール管理

「月/週/日/時ごとの実行設定」や「期間内における一定間隔ごとの実行設定」など、取引先の営業日に合わせて運用スケジュールを柔軟に設定できます。「指定時刻で実行する」など、起動のタイミングから特定のワークフローの実行までを1つの単位としてスケジュール実行できます。

運用状況監視

スケジュール設定された取引業務の進行状況を一覧表示できます。処理が完了した実行スケジュールについては「成功」または「失敗」の文字が表示されます。

運用モニター

1日の取引予定と実行結果を一覧表示できます。万が一、取引エラーが発生した際はすぐに実行結果として反映されるので、管理者は迅速に対応できます。

通信ポート状況閲覧

取引先の業務ごとに使用する通信ポートの状況を確認できます。

送受信ファイル管理

送受信ファイルにおいて、「Biware Cloud」へのアップロードやダウンロード、ファイルの再送信、ファイル名の変更、ファイルの削除を行えます。
「Biware Cloud」へアップロードすることで、ファイルを送信できます。またダウンロードすることで、受信したファイルをローカル環境へ保存できます。

お知らせメール

「Biware Cloud」が正常に稼働しているか定期的にチェックを行い、問題が見つかった場合に管理者へメールで通知できます。また、ワークフロー上でメール送信ジョブを追加することで、設定したタイミングにてシステムの状況などをメールで通知できます。

ログ表示

設定したワークフローや実行スケジュールの稼働状況を表示する「運用ログ」、取引先とやり取りしたEDI通信の状況を表示する「通信ログ」、通信ポートの稼働状況を表示する「ポートログ」、運用担当者の操作状況を表示する「操作ログ」など、各種ログを表示できます。

運用ログ画面
画像拡大

運用ログ画面
通信ログ画面
画像拡大

通信ログ画面
ポートログ画面
画像拡大

ポートログ画面

流通BMSスキーマチェック

相手先より送られてきた流通BMSの業務メッセージ(送受信ファイル)に対して、構造に不正がないかスキーマチェックを実行できます。万が一、不正なメッセージであった場合は相手先に対してエラーメッセージを自動返信できます。自社業務システムに取引データを取り込む前にエラー処理を行えます。

送受信ファイル状況監視

送受信ファイルごとに、「未送信」「送信済み」「受信済み」などの進行状況を一覧表示できます。

システム連携

Web API連携

Web APIで業務システムと「Biware Cloud」を連携できます。

Web API連携でできること

  • ファイルのアップロード
    「Biware Cloud」に業務システムのファイルをアップロードします。
  • ファイルのダウンロード
    「Biware Cloud」にあるファイルを業務システムにダウンロードします。
  • ワークフローの実行
    取引先と業務を指定して、登録されているワークフローを実行します。
  • スケジュールの実行
    スケジュールに登録されているワークフローを実行します。

SFTPファイル連携

SFTPファイル連携で業務システムと「Biware Cloud」を連携できます。

SFTPファイル連携でできること

  • ファイルの送信・受信
    業務システムと「Biware Cloud」間でSFTPを使ってファイルを送信・受信します。
▲