JX手順EDI通信ソフト

多くのEDIシステムに採用されるJX手順用通信ソフト
業界標準EDIシステムをすぐに構築

Biware JXクライアント は、インターネットEDI(流通BMS/ZEDI)の
JX手順に対応する通信ソフトウェア(ミドルウェア)です。

みんなつながる流通BMS
全銀EDIシステム(ZEDI)
お知らせ
インターネットEDIシステム(流通BMS/ZEDI)に採用される、JX手順用通信ソフト。

Biware JXクライアントでできること

JX手順は、長年使われてきたJCA手順同様、クライアント側が通信処理の起点となって相手側サーバーにアクセスするPULL型の通信方式です。
本商品は、EDIの主要機能である「通信」 「変換」を用途に応じてご利用いただけるよう、各種商品をご用意しております。

  • JX手順

    JX手順
    (クライアント)

  • BACREX手順

    BACREX手順
    (クライアント)

  • データ変換

    データ変換
    (文字コード変換含む)

    「Biware JXクライアント(流通EDI)」のみデータ変換・文字コード変換に対応します。
  • API連携

    API連携

接続図
累計24万本・6万社以上の販売・導入実績

Biware JXクライアントを選ぶ理由

このような機能がお客様から高い評価を得ています。

業務システムへ組み込み

JX手順の通信機能をミドルウェアとしてご利用いただけるよう、2種類の連携機能をサポートしています(API連携・コマンド連携)。特定業務のユーザーアプリケーションへ組み込む、あるいはSCM(サプライチェーン マネジメント)システムや POSシステムなど、独自のEDIシステムにご活用いただけます。

卸・小売業との取引で受注側(メーカー)として注文データを確認したり、出荷データを作成したり、帳票や伝票印刷などの業務を基幹システム側で行わない場合は「Biware らくらく受注 Pro 2」をご検討ください。

取引業務に応じた柔軟なスケジュール管理

取引先や業務別(受発注、受領、請求など)に、月/週/日/時 単位での細かなスケジュール管理が可能です。流通BMSの様々な業務プロセスに応じたシステム運用を実現します。

JX手順とBACREX手順による取引を一元管理

インターネットEDIとして高いシェアを誇る株式会社サイバーリンクスのBACREXサーバーに接続できる「Biware BACREX手順オプション」をご用意しています。

Biware JXクライアント
BACREX-R
×
JX手順サーバー局(2次局)の構築はこちら
オンプレミス環境で構築
インターネットEDIからレガシーEDI、FAXまで、
企業間取引を一元管理するB2B統合サーバーです。
クラウド環境で構築
インターネットEDIからレガシーEDIまで、
受発注をはじめとする企業間取引を自動化するクラウドサービスです。
▲