エントリー

Interview 社員インタビュー

あらゆるシステムの効率化を図る
業務遂行に不可欠な存在

情報システム / 2006年入社
T.Mさん

インタビュー

問題を解決したときに
ダイレクトに返ってくる感謝の言葉が嬉しい

携わっている職種について教えてください。

情報システムグループのメイン業務は、社内情報システム/インフラの構築・運用・保守です。 東京本社以外の拠点の立ち上げにも携わり、拠点間のネットワーク設計や各種端末の設定などを行います。会社全体のあらゆるシステムに関わる職種です。 また、社内利用のPC上のトラブルや社内情報システム利用に関する問い合わせ対応など、いわゆるヘルプデスクも日々の大きな仕事の1つです。その他、社内の様々な業務を効率化するための改善案を提案するなど、業務内容は多岐に渡ります。

具体的にはどのような内容のお仕事をされていますか?

当社商品の出荷を担当するグループがありますが、その作業を効率化するための見直しを行っています。
別グループの業務となるため業務内容のヒアリングから始め、問題の根本要因がどこにあるのか調査します。その問題を解決するための方法も”システム面”と”業務内容面”の双方からアプローチして、最も効果的な改善案を検討します。
”メールが送信できない”、”PCが起動しない”など、毎日のように社内からの問い合わせが発生します。東京本社であれば直接問い合わせがあった端末を操作して調査しますが、離れた拠点では当社のリモートソフトを活用して遠隔操作で対応します。

【写真】イメージ

現在のお仕事で苦労したことや、苦労を乗り越えたエピソードなどがあれば教えてください。

配属当初、最初の課題として「社内データベース(DB)の冗長化」を任されました。
当時私はDBについてまったく知識も経験もなかったので、”サーバーの構築”、”冗長化設定”、”動作テスト”、”レビュー”、”手順書作成”など、作業のどれもがスムーズにはいかず、試行錯誤の連続でした。しかし、周りの諸先輩方のフォローもあり、DBの冗長化システムを完成させることができました。
その数年後、実際に社内DBで障害が発生しましたが、準備しておいた手順書に則って冗長化サーバーへの切替対応を行い、無事システムを復旧することができました。

※冗長化…システムに障害が発生した場合に備えて、即時切替られるバックアップ環境を用意しておくこと。

【写真】イメージ

今の仕事をしていて、やりがいを感じられるポイントがあればお教えください。

部署を問わず様々な方から多種多様な問い合わせがありますが、”トラブル対応した結果”、”ご要望に応えた結果”がダイレクトに返ってくるので、『ありがとうっ!』『よくやったね!』といったお言葉をいただくと、とても嬉しくやりがいを感じます。


後輩からみた先輩

嫌な顔1つせずとことん疑問に向き合ってくれる先輩です

【写真】先輩後輩

どんな先輩ですか?

気配り上手で頼りがいのある先輩ですね。

具体的には?

私は、お客様が当社商品を購入していただいた後の保守サポートサービスに関する業務を担当しています。T.Mさんとは日常的に業務で直接やり取りすることはあまりありませんが、社内インフラ全体を対応されているので、トラブル時やわからないことがあったときにはよく質問に伺います。

様々な部署からの問い合わせに対応されているので遠慮がちに話しかけるのですが、そんなときでもさわやかな笑顔で気さくに答えてくださいます。

また、社内ですれ違う際にも単にあいさつするだけではなく、何かしら一言添えてコミュニケーションをとってくださるので、こちらのことを気にかけていただけるのは嬉しいですね。T.Mさんはノリが良いので軽く見られがちですが、仕事に取り組む姿は真剣そのもの。根はマジメで正義感が強く、まわりへの気遣いもできる「いなせ」な先輩ですね。

▲